頑張ってもなぜ売れないのか?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

頑張ってもなぜ売れないのか?

こんにちは。井上幸子です。

一生懸命売っているのに、なかなか売れない(-_-) 何で売れないのだろう......

こんな気持ちになったことはありませんか?

生徒さんが入会してくれない、お客様がなかなかやってこない。以前はたくさん入会してくれたのに、お客様が来てたのにどうして?

売れない、売れなくなった原因はあなたにはありません。

理由は簡単です。

売れなくなったのは、

商品 売る人 > 買う人 欲しい人 になったからです。

あなたの周りにお店が増えてませんか?

ネットで買い物するときも、Amazon、楽天どこに行ってもショップはたくさん!そして商品もいっぱい出ています。

本当に便利になりました!いいもの、安いもの、すぐ届くもの、買う側はいろいろ選べます(^^♪

毎回、どれにしようか、どこから買おうか迷ってしまいます。

あなたのお店やお教室も、商品もサービスも同じです。たくさんの中から選ばれて、やっと売れます。

選ばれないと、必要とされる商品でないと売れなくなっただけなのです。

それでも、「以前は一生懸命頑張れば売れた!」という人もいます。

それは、欲しい人 買いたい人 > 商品 売る人 で、物の方が少なかった店の方が少なかった時代だからです。

物が少なかった頃は、努力と根性で頑張れば売れました。

売っている物も売っている人も少なかったので、商品が十分でなくても、「これでもいいか」「この程度でいいだろう」と、売っている物を買っていましたし、売りに来たものを買っていました。

欲しい人の方が多かったので、営業を頑張り、根性と足で物を売ることもできました。

ところが、いまは、物が豊富にあふれる時代です。

そして、営業が売りに来なくても、ネットで欲しいものを簡単に探せます。比較サイトで、一番安いところ、一番早く届くところも、簡単にわかります。

実店舗も同じです。

以前は、地域に一つのお教室、駅前に数件の飲食店、そしてサービスや商品の種類も多くはありませんでした。

でも今は、地域にお教室はどんどん増えて、習い事の種類も増えました。

私が子どもの頃は、子どもの習い事といえば、そろばん、習字、ピアノ、そして塾。そして、学校のお友達は町内の同じ先生に習いに行っていました。

いまは、それに加えて、スイミング、リトミック、体操、バレエ、ヴァイオリンなど器楽もたくさん、プログラミング、塾の種類も進学、補修、英語、数学専門などたくさんあります。習い事に力を入れている民営学童も増えています。

お教室も地域や駅前にたくさんでき、学童は勉強だけではなくて、送迎サービスや食事サービスまであります。

駅前にはラーメン屋だけで何店もあります。いろいろな飲食店の種類も増えて、ランチの時間にはどの店に行くか迷います。

和食、洋食、イタリアン、エスニック、牛丼、かつ丼、カレー、ファストフード、オフィス街では路上の弁当屋もいっぱいです。

そんな、物が選べるようになった時代では、

必要とされない商品は、いくら頑張っても売れる理由がありません。

そこで、必要とされない商品を、売り方や、人間関係で売ろうとすると、一時の結果が出ても長続きしません。

じゃあ、品質が一番が良くなければ、一番おいしくなければ、教え方が一番上手でなければ、価格が一番安くなければ、売れないのでしょうか?

実際、ランチタイムも、一番おいしい店、一番安い店に、一番お客様が入っているとは限りません。

場所、時間、スピード、提供の方法、届け方なども含めて商品です。

いろいろ必要な理由が積み重なって、選ばれる理由ができて売れます。

そして、商品の作り方はいっぱいあります。

急ぎの時に売れる店や商品ってありますよね!

今すぐ、当日、翌日、というスピードに応えるのも、必要で売れる商品です。

私は、Amazonのお急ぎ便、あす楽、ヨドバシの配送など、必要な時は少し高くても使いますし、それに対応したお店から買っています。

仕事が忙しいときは、ランチもコンビニ弁当や牛丼持ち帰りです。

時間も重要です。

深夜や早朝の美容室も、少し遠くても値段が高くても必要であれば利用しています。

私の運営する教室のバレエ科は、レッスン内容も会場も変更していませんが、平日の夜に時間を移動したことで、たくさんご入会頂きました。

働くお母さまが、お子さまを保育園にお迎え後に、習い事に連れていきたい、その時間のニーズに合ったのです。

お客様のこと、商品やサービスのことを勉強して、

必要とされる商品作りを頑張れば売れます。

頑張っても売れないのではなくて、頑張るポイントを間違えているから、売れない結果が出ているのです。

売り方の勉強を頑張るのではなくて、商品とお客様について勉強を頑張れば売れる商品を作ることができます!

そして、いまはネットの時代です。

商品力があれば売れる時代です。

営業の足と根性や巨額の広告費を使わなくても、告知活動のポイントやコツをおさえることで、必要としているお客様に情報を届けることが出来るようになりました。

必要とされる商品作りを頑張り、正しい告知活動を頑張れば、あなたのお店やお教室は大きく成長することができます。

メールマガジンでは、集客ブログの書き方、メルマガの書き方、SNSの利用方法などのお客様への告知方法から、一番大切なお客様が必要としている商品やサービス作りまでお伝えしていきます。

無料メルマガ 「ビジネスを日本中に拡げる仕組み作り」
お名前 *
メールアドレス *
資金0から1000人の生徒が集まる音楽教室を作った方法
「大人気教室の作り方」
詳しく知りたい方は、下記から無料レポートをダウンロード生徒が1000人音楽教室

 

おすすめの記事