WordPressの投稿記事や固定ページに動画を埋め込む

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

WordPressの投稿記事や固定ページに動画を埋め込む

こんにちは、ココエミスタッフの井上歩です。

WordPressで制作したホームページに、動画を掲載していますか。

投稿記事や固定ページに動画を使用すると、レッスンの楽しそうな様子やスタッフの様子が良く伝わり、お客様が集まってきます。

そして、じっくり記事をお読みいただきページ滞在時間が長くなると、検索対策としての効果も期待できます。

動画を直接サーバーにアップロードして動画を埋め込む方法もありますが、長い動画はサーバーの負担となったり、アップロードサイズの上限設定を変更する必要があります。

今回は、動画をYouTubeにアップロードして、ワードプレスの投稿に埋め込む方法をご紹介します。

YouTubeにアップロードして、WordPressに動画を埋め込む方法

動画をYouTubeにアップロードすると良い点

動画自体が、YouTube検索、Google検索で表示されます。

YouTube動画自体が検索結果に表示されますので、お店やお教室を知ってもらえる入り口が増えます。

動画タイトルや説明文にキーワードを使用して検索対策を行えば、動画自体の上位表示を狙えます。

アメブロ、ホームページ、SNSの掲載で共用できます。

アメブロ、ホームページ、SNS、それぞれ個別にアップロードしなくても、YouTubeリンクで掲載できます。

ただし、SNSによっては、YouTubeリンクよりも直接アップロードした動画が大きく表示されたり、画面上で自動再生されているなど、広告効果が期待できる場合もあります。

Facebook広告を出す場合などは、直接アップロードをすることを考えても良いかもしれません。

スマホで動画を撮影して、YouTubeにアップロードする。

スマホで動画撮影、YouTubeにアップロードができる方は、記事に動画を埋め込むまで読み飛ばしてください。

すでにYouTubeアプリを利用されている方

今回は投稿記事へ動画埋め込みがテーマなので、動画撮影と編集アップロードの説明は簡単な内容です。

スマホで、YouTubeアプリを起動して、撮影、アップロードする手順を動画でご覧いただけます。

はじめてYouTubeを利用する方、YouTubeアプリをインストールしていない方

YouTubeアカウントを取得する。

動画をYouTubeにアップロードするためには、YouTubeのアカウントを作成する必要があります。

YouTubeは、Googleが運営しているサービスです。

Googleアカウントを登録して、GmailやGoogleマイビジネスを利用されていた方は、YouTubeのアカウントも自動的に作成されています。

まだGoolgeeアカウントをお持ちでない方は、この機会にアカウントを作成すれば、YouTubeの他にも便利な機能が利用可能になります。

YouTubeアプリをインストールする。

スマホから動画撮影、YouTubeにアップロードするために、YouTubeアプリをインストールしましょう。

iPhoneをお持ちの方は、はじめからインストールされていないので、アプリのインストールが必要です。

すでにインストール済みの方、インストール済みスマホをお持ちの方は、次に進んでください。

YouTubeアプリを起動する。

YouTubeアプリを起動して、取得したアカウントでログインしましょう。

すでに、Googleアカウントにログインしている場合には、すぐに起動できます。

動画を撮影する。

アプリ画面の右上に、ビデオカメラのマークがありますので、タップしましょう。

録画(ビデオカメラのマーク)とライブ配信が、表示されます。録画をタップします。

動画を編集する。(編集が必要な場合)

録画を終了したら、編集画面が表示されます。YouTubeアプリで、動画をカット編集したり、効果を付けたり、音楽を追加することができます。

このままアップロードする場合は、加工しなくても大丈夫です。

アップロードする動画が完成したら、右上の、「次に」、をタップします。

動画に情報を追加する。

動画のタイトル、説明、プライバシーの設定などができます。

プライバシーの設定には、公開、限定公開、非公開があります。

公開は、不特定多数が閲覧できる設定です。タイトルと説明の文章には、内容が分かりやすく、検索キーワードになる文字を織り込むようにしましょう。

限定公開は、動画のURLをお知らせした方のみが閲覧できる設定です。

動画の使用目的に合わせて、情報を設定します。

設定が終了したら、右上の、アップロード、をタップします。

アップロードが開始されますので、終了まで待ちます。

アップロードした動画を確認する。

YouTubeアプリの右下の、ライブラリ、をタップします。

アップロード動画、をタップすると、アップロードした動画が表示されます。

再生確認したい動画をタップすると、再生がスタートします。

この画面から共有を使うと、SNSやメールで動画の共有をすることができます。

YouTube動画をWordPress投稿記事や固定ページに埋め込む。

埋め込みむ方法は2つあります。

・動画のURLを、記事の編集画面に貼り付ける。
・コードを取得して、メディアの挿入で貼り付ける。

簡単な方法は、動画のURLを貼り付ける方法です。動画を埋め込んだ画面をプレビューで確認して、そのままで大丈夫なら終了です。

コードを取得して貼り付けると、動画の設定を調整できます。動画のサイズが簡単に変更できます。HTMLの知識が少しあれば、コードを編集することで、自動再生、ループ再生、終了時の画面など、設定することが可能です。

動画のURLを記事に貼り付ける方法

WordPressの投稿から、記事の編集を開きます。

動画を埋め込みたい場所に、カーソルを移動させます。

動画のURLを、記事の編集画面に貼り付けると、動画が埋め込まれます。

とりあえず、すぐに埋め込みたい、表示サイズはこのままで気にならない場合などは、一番お手軽な方法です。

コードを取得して、メディアの挿入で貼り付ける方法

まず、埋め込みコードを取得します。

YouTube動画再生画面の右下、共有をクリックします。

埋め込むをクリックします。

表示された埋め込みコードをコピーします。

投稿から、記事の編集画面を開きます。

動画を埋め込みたい場所にカーソルを移動させて、挿入をクリック、メディアをクリックします。

埋め込むをクリックして、埋め込みコードを貼り付けます。

サイズを変更しない場合は、OKををクリックします。

サイズを変更する場合は、一般をクリックしてサイズを変更します。

OKをクリックすると、記事に動画が埋め込まれています。

動画を使えば、お教室やお店の様子が良く伝わるだけでなく、講師やスタッフの魅力をお伝えすることもできます。

最後までしっかり記事を読んでいただくことで、お問い合わせにつながるだけでなく、ページ滞在時間が長くなり検索対策として効果が期待できます。

一番の検索対策は、お客様の知りたいこと、見たいもの、探しているもの、を書いていくことです。

特にWordPress等で作ったホームページは、写真や動画も使用しながら、しっかり内容を書くことが求められています。

メールマガジンでは、集客ブログの書き方、メルマガの書き方、SNSの利用方法などのお客様への告知方法から、一番大切なお客様が必要としている商品やサービス作りまでお伝えしていきます。

無料メルマガ 「ビジネスを日本中に拡げる仕組み作り」
お名前 *
メールアドレス *
おすすめの記事