案内記事もこれでバッチリ!見やすく、きれいな記事の書き方

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

● きれいな記事の書き方

・タイトルは「地名+科目+内容」
例)江東区木場のピアノ教室「夏の発表会に向けてがんばっています」

・本文(書く内容を上から順に)

● 江東区木場のピアノ教室「夏の発表会に向けてがんばっています」←タイトルと同じ分を先頭に

● スペースで入れます。黒太文字にします

1.挨拶と名乗る。名前はフルネームで。教室名などは入れません。

2.メリット →ほっかほかのパンが1時間で作れちゃいます!など

3.楽しそうな写真(横400サイズでいれる。難しかったら、「縮専」という無料ソフトをダウンロードすると良いです)

4.誰がどうなる →あなたも海外旅行で英語に困らなくなっちゃいます。

5.レッスンの内容

6.誰がどうなる

7.お客様の声(メニュー記事など大切な記事の場合3~5人分位感想を入れましょう)

8.通常記事の場合→メニュー記事へリンク

8、メニュー記事(教室案内などもっとも重要な記事)の場合、地図と料金を入れます。

4以降で写真を入れても大丈夫です。

本文注意点

・ 文章は1行おきに書く。
・ 強調したい文は黒太文字か赤太文字。赤の方が重要。強調は同じ色を連続させない。
・ 文字の大きさを変更しない
・ 絵文字は使わない。

以上にならって私の会社のスタッフが書いてくれた通常の記事がこちらです


大事な教室案内記事は、こんな感じで書くといいです

・バレエ教室はこんな感じです。

・声楽教室はこんな感じです。

おすすめの記事